歯の矯正のイメージは?

費用が高そうだし、治療が痛そう

歯の矯正は一般的にはなってきたものの、知名度はまだそれほど高くないかもしれないせいか、色々なイメージがありますね。よく聞こえてくる話は費用がかかりそうだと思うということです。確かに、普通の歯の治療と比べると高額になる可能性が高いです。表側に装置を上下の歯両方着用する一般的な治療は60万から100万程度かかるといわれています。 次に、あの矯正装置からイメージしてしまうと思うのですが、治療に痛みが伴うのではないかということです。確かにワイヤーを使って歯を動かすので、痛みを全く感じないということはないでしょう。痛みには個人差があり、装置の交換をした後に痛むという人が多いようです。歯科医に伝えて、ワイヤーの強さを調整してもらったり、痛み止めなどの処置で乗り越えることができます。

矯正装置の見栄えが悪い

歯の矯正についてのイメージで、歯全体を金属ワイヤーで張り巡らされているような状態を見てしまうと、やっぱり見栄え的にどうかなと思う人もいるのではないでしょうか。なんとなく恥ずかしい、かっこ悪いなと思う人もいるかもしれません。 しかしながら、最近の矯正治療は進化を続けています。歯の表側でなく、裏側に矯正装置を装着する方法や、歯並びを治すためには、一部分だけ矯正すれば大丈夫な人もいますので、歯全体にあのワイヤーを張り巡す必要がなかったり、矯正装置全体が透明で目立たないものもあります。また、審美矯正といって、通常の矯正治療だと少なくとも1,2年はかかる治療を3ヶ月くらいで完了することができる方法もあります。これは矯正装置を使わずに、歯を削って形や歯の生えている方向を変えて歯並びを整える方法です。